学校に入学と同時にとある素敵な漫画と突き当たりました。その見出しはテニスの王子様。当時は全くテニスの認知が無くくたびれるだけの実行だと認識していたがテニスの王子様を鑑賞してテニスはおかしいと考え方が変わったのである。の場合学校では部活に入部をするのだかあたしは迷うことなくテニス部に入部をし、主要人間一般たちのように輝ける四六時中を想像して日々開発に臨み数か1ヶ月経つと勝者との開発対戦が組まされた。あたしはテニスの王子様に登場する持ち味のワザができるか試してみようと憧れ漫画で観たワザをそのまま体調で表現してみると苦手なりにワザができました。特に主要人間公のある組仲間ですアクロバットなテニスをやる菊丸英二に憧れを持ってあり一年かけて周りに驚かれるほど体調を柔らかくし何度も漫画を付け足し菊丸英二のワザを頭にたたみこみ見た目対戦や開発対戦で失敗しても繰り返しできそうな会社まで実践してみて、そして奮闘は実ったのか菊丸英二のように全体を使ってテニスボールを打ち返すことにエライ。最初は無理だなと思っていたことが状態でできるようになってビックリで涙が止まらなかっただ。その事態が確信にくっつきほかの持ち味のワザにも積極的に挑戦して赴き半分以上はできるようになりました。フェチだった漫画がやってみたいと大志にしてくれた事例、憧れたを抱かせてくれたことにサンキュー。